非二元の自由さを直接経験できるノンデュアリティ・エクスペリエンス

非二元から見たビジネス

From:矢沢大輔


昨日、ブログに「短所を消すと長所はどうなる?」という文章を書きました。

端的にいうと、短所を消そうとしても、短所は現れ続けるという話でした。

 

なぜ、短所が消えないのかというと、長所も、短所も、等しく現れることが許されているからです。

 

地球に北極と南極があるように、季節に夏と冬があるように、一日に昼と夜があるように、宇宙は両極の存在を等しく認めています。

 

片方がなくなると、もう片方もなくなってしまう。

これが極性の法則です。

 

だから、長所だけを残して、短所を消すことはできません。

この極性を認識できるようになると、ビジネスにおいて、私たちがいかに不可能なことを成し遂げようとして空回りしているかが、見えてくるようになります。

 

私たちのマインドは、好きなものに近づき、嫌いなものから遠ざかるようにプログラミングされています。

 

だから、「好きなことを仕事にすれば、あなたは成功できる!」と提案されれば、マインドは思わず「Yes!」と反応してしまいます。

 

でも、好きなことを仕事にすると、どうなるかと言うと、大半の人が、苦労の割にお金を稼げない状況に陥ります。

 

なぜ、そうなるかと言うと、自分の強み(長所)を無視して、マインドの好みに従い、「憧れの仕事だから」「夢だったから」「儲かりそうだから」という理由で、仕事を選んでいるからです。

 

わかりやすい例を一つ挙げると、リオ五輪でメダルを獲得した水谷選手は、小学生の時、卓球だけではなく、ソフトボールやピアノをやっていました。

そして、中学生になって、卓球の指導者から「君は何が好きなの?」と聞かれた時、こう答えたそうです。

 

1番は、サッカー。

2番はバスケットボール。

3番はゲーム。

4番は勉強。

5番が卓球。

 

でも、水谷選手は、卓球をやることに決めました。

その理由は、水谷選手の両親が卓球教室をやっていて、卓球で勝つと親が喜んでくれる、という理由からでした。

 

また、水谷選手は14歳の時にドイツに卓球留学をしていますが、その時も、卓球が好きになったから行ったのではなく、「このまま家にいたら、才能が死んでしまう」と思ったからだと語っています。

 

つまり、水谷選手は、好きか嫌いかという内なるマインドの声に従ったのではなく、既に表面化している才能(強み)を活かす道を選び、卓球界で成功したのです。

 

もし、水谷選手が、自分の好みを優先して、サッカー選手になっていたら、どうなっていたかはわかりませんが、少なくとも、卓球選手としてメダルを取った今の水谷選手はいなかったことになります。

 

仕事を選ぶときは、「好み」より「強み」を活かす。

 

これがわかっていれば、仕事はたいていうまくいきます。

なせなら、どんな仕事であれ、現場で求められているのは、パフォーマンス能力=強みだからです。

 

仕事で苦労している人の多くは、たいていの場合、自分の強みを活かそうとすることなく、ただただ仕事の内容に自分を適合させようとして窮屈になっています。

 

でも、宇宙はそんな無茶なことを、あなたに求めてはいません。

 

そこで、今回のノンデュアリティ・エクスペリエンスでは、

【前半】仕事にまつわる時代遅れで窮屈な固定観念がマインドにどのようにプログラミングされるかをお話します。

【後半】マインドを超えたノンデュアリティの視点に立つと、仕事がどのようなゲームに見え、シンプルなものになるかをお伝えします。


過去に開催した矢沢大輔の「非二元ワークショップ」を受講された方の声

マインドで非二元を理解しようと最初は思っていました。
しかし、徐々に気づきを感じることができ、思考停止状態になりました。
周りの方の意見、質問で深く気づくことができました。
自己啓発では、なぜうまくいかないのかがよくわかりました。
自分は愛を感じることができないと思っていましたが、既に愛されていると気づくことができて、気持ちがすごく楽になりました。
(Y.Fさん 30代男性 )
何度も矢沢さんの講座には参加しておりますが、毎回新しい発見があります。
何度も同じような質問をしても、いろいろな角度から教えてくれるので、とてもわかりやすいです。
矢沢さんの講座では、当日に理解できなかった事も、時間が経ってから「あぁ、こういう事なんだ!と腑に落ちることがよくあるので後効きも楽しみです。
(A.Iさん 40代女性 )
矢沢さんと初めて会ったときから、なんでこの人はこんなに楽しそうなんだろう?
なんで、この人の魂はこんなに踊ってるんだろう?
とずっと思ってました。

私は、よくセミナーを受けに行っていたのですが、セミナー講師自身が、なにか満たされてない感じの人だなって思うことがよくありました。

そして、その理由がわかった気がします。

矢沢さんは、人生の豊かさを知っていて、人生を楽しんでいるからこそ、踊っているんだなぁと。

私は、ずっと、不安で、満たされてない日々を送っていました。
なにかに恐怖を感じていました。
人生に絶望していました。

戦争や災害が起こる世界に、嘆き、そんな世界をつくった神は残酷だと思っていました。

そして、自分の外側に平和を求め、愛を求め、自由を求め続けていました。

でも、それは、違いました。

豊かさや平和は、自分の中にもう存在してたんです。
人生は、もともと豊かなものなんです。

そのことに、気づけて、すごくよかった。

そして、そのことを、私も、矢沢さんのように、若い人たちに伝えていけたらいいなと思いました。

(M.Tさん 20代女性)

 

理由があっての「幸せ」感ではなく、単に「幸せ」があることに気付けたこと。

外にばかり幸せの元を探していましたが、「なんだ、既にあったんだ!」と。

不思議なことに、そう気づけてから、まだ数週間ですが、私と周囲の関係がとても愛を中心に動くようになったように感じます。

(ほんだ ゆうこさん)

 

最大の収穫は、「ただ幸せであること」を理解して体感できたこと。

自分を振り返ってみても、今までいかに自分の外に何かを求めていたことか。

それよりも、実際に在るものを調べれば、幸せの近道になることを理解できた(肚落ちした)。

補足ですが、「幸せの近道」という表現も適切ではないことも分かっています。

(H.Oさん 男性)

 

非二元の自由さを直接経験できるワークショップ「ノンデュアリティ・エクスペリエンス」

【日時】

2017年7月23日(日)

前半11:00~13:00 後半14:00~16:30 ※開場10:45

【会場】

渋谷区文化総合センター大和田(渋谷駅から徒歩5分)

【受講料】

17,000円→先行割引 14,800円

※先行割引は、6月16日(金)までにお支払い完了の方の価格です。

【定員】

11名(満席になり次第、締め切らせていただきます)

【ガイド】

矢沢大輔(ノンデュアリティ・スピーカー)

 

お申し込みの際、

携帯アドレスで登録されますと、

迷惑メールとしてはじかれる可能性があります。

できるだけPC用のアドレスでご登録ください。 

 

ソリューション画像

 

矢沢大輔のメルマガ

非二元メルマガ

ノンデュアリティ・
トライブ

ご登録は無料

 

仕事とお金の
悩みが消える

心と脳の話

ご登録は無料

 

受験・資格取得の

学習が加速する

記憶できる勉強法

ご登録は無料

 

矢沢大輔の著書