ノンデュアリティ(非二元)プライベートセッション

ノンデュアリティ(非二元)にまつわるボタンのかけ違え

From 矢沢大輔


シャツのボタンをかける時、最初のボタンをかけ違えると、2つ目、3つ目のボタンもズレますから、初めのボタンをちゃんと掛けることの大切さは、誰もが知るところです。

 

「ノンデュアリティ(非二元)=二つはない」という言葉を初めて聞き、学ぼうとする時にも、最初のボタンをかけ違えると、その後、何年、学び続けても、ズレっぱなしになり、いつまで経っても人生における苦しみ、悩みが続くことになります。

 

最初のボタンのかけ違えとして、多くの人がつまずきやすい例を一つ挙げると、「私はいない」という言葉(考え)にとらわれ、それをゴールのように思い、目指してしまうことです。

 

このような誤解が起きる原因は、おそらく仏教の「無我」という言葉を英語に訳す際に、間違って解釈されたからではないかと考えられます。

 

本来、無我とは、日本人なら誰もが知っている「無我夢中」の無我と同じで、「私はいない」「私はいなかった」という認識が起きる状況とは、まったく別次元のものです。

無我夢中になっている時、人は、我を忘れて(「私はいない」という思いもまったくなく)その瞬間の出来事や行為と一つになっているからです。

(今時の言葉でいうなら、「ゾーンに入った状態」といった方がわかりやすいでしょうか)

 

今でこそ、日本語で「非二元」、英語で「ノンデュアリティ」と呼ばれることが多くなりましたが、日本語では古くから「不ニ(仏教)」「不ニ一元論(仏教を取り入れたインド哲学)」と呼ばれ、西洋の人たちにとっては新しいものであっても、仏教に馴染みのある私たち日本人にとっては感覚的に感じ取りやすいものです。

 

ここで私は「感覚的に感じ取りやすい」と書きましたが、実際には、主に自分の「目」と「耳」を使って、日々、事実に触れる練習をすれば、お釈迦様と同じように、見えている環境(物であれ人であれ)と、それを見ている自分とが不ニ(一つ)をあなたも悟れるようになります。

 

しかし、ここまでに書いたことを頭で理解しようとしたなら、最初のボタンのかけ違いが起きてしまい、この先、何十冊、ノンデュアリティ、仏教、禅の本を読み込んだところで、自己の真相(不ニ)には触れられません。

 

このプライベートセッションでは、あなたの悩みや問題を伺いながら、具体的に、毎日、どのような練習をすれば、悩みや苦しみ、問題から救われるようになるのか。

仏教や禅についての知識がまったくない方でも、その日から底抜けにスカッと生きられるようになる実践法をお伝えします。

 

ノンデュアリティ・プライベートセッションはこんな方にお薦めです

■本を読んでもわからなかった「非二元の自由さ」を直接経験したい方

■親子、兄弟、パートナーとの関係、職場での人間関係で感情的になってしまう人がいる方

■仕事をしながら、「こんな仕事は自分の仕事ではない」という否定的な思いが出てきて、仕事に向き合えない方

■金銭の動きに合わせて感情が一喜一憂し、お金の心配が絶えない方

■将来の不安や心配が絶えず、心が落ち着かない方

■夜、眠れない方

■他人からどう見られているか、思われているかが気になってばかりいる方

■人前に立つと極度に緊張してしまう方

■セラピー、カウンセリングを受けても、トラウマ、恐れ、不安、罪悪感、劣等感など精神的苦痛が続いている方

■精神的安定のために、何かへの依存、または中毒が続いている方

■他人をうらやんだり、自分を卑下したり、他人との比較ばかりしている方

 

プライベートセッションを受けた方の声

凄くすごく頭に脳に意識が向いていたようです。

いつもいつも体すべて働いてくれてることに気づけてよかったです。

生きるのが楽しみになりました。
自分がでなく仏様が人間という存在を作ってくれた事を思い出した気分です。
与えられた体、瞬間の五感にフォーカスして大事に大切に感じていきます。
矢沢さんにお会いできて最高でした。
(会社員 女性)


セッション中は、不思議な技を使えるようになったのかも…とキョトンとし、最後にはこれでどうやって自分の体を動かせば良いのか分からなくなってしまい、放心状態になりました。

しかし、勝手に寝て、今朝、勝手に起きて、準備して、歩いて、会社についていました。

そして、職場の女性に対してイライラしたときの反応を試してみたくて、いつもならイライラしそうな場面もありましたが、「これでイライラできるかも」と期待して楽しんでしまったので、イライラしませんでした。

目の前のコーヒーを飲んでいたら平和すぎて笑えてきました。

セッションを受ける前まで、イライラしたくないと願っていたのに、今日はイライラしたいと期待していた変な1日でした。

これは本当に言葉では表せない感覚ですね。

笑いしか出てこない。

今回とてもラッキーだったのは、矢沢さんが関西弁だったことです。

私も途中から、自分に話しかけているのか、矢沢さんに話しているのか分からなくなって素の関西弁になり、とてもリラックスできました。

「勝手に出てくんねん」「そのままでええねん」

この矢沢さんの関西弁のセリフが私にはすんなり馴染んでいくきっかけだったように思います。

このたびは本当にありがとうございました。

しばらくこの状態を楽しんでみようと思います。

と全部勝手に浮かんできました。笑

(匿名 女性)


個人セッションでは、不思議な感覚で、何が起こったのか、実は、はっきりとはわからなかったのですが、アドバイスいただいた通り「感情を言語化しない」ようにしたり、矢沢先生のブログを拝見したりしているうちに、何が起こったのかようやくわかりました!

「肉体の中に意識がある」のではなく「意識の中に肉体がある」ということを「知っている」ことを思い出したのでした!

この「知っている」ということに気付けたのと、この一年、「知っている」こと(スピリチュアルな統合では『意識の反転』とよく言いますが)をわかるために、時間とお金を費やしていたのだなと思うと、本当に笑いがこみ上げてきますね!

本当に、スピリチュアル探求というのは、今起こっていること以外の何かを求めることで、終わらない無限のループなんですね~。

求めるから見つからないのであり、本当はすでに目覚めているんですね。

今にいると、平和で満たされているという意味が、ようやくわかりました。

というわけで、スピリチュアル探求は、自然に終わりました(笑
思考も、そのまま流れていくようにしていると、思考が減ってきたような気がします。

例えば、「面倒くさい」という思考が流れる前に、体が勝手に動いて、スムーズに物事が流れることが多くなったような気がします。
次に受講するお金の講座とファシリテーター養成コースは本当に楽しみです♪

(匿名 女性)

 

セッションの中で、不足というのは『自分の思考の中にしかない』ということがわかりました。
そして、結果を自分でコントロールしようとさえしなければ、現実は自由に起こる事が起こっていて、自由にフローしている。。。
「現実は満ち足りていて、何も不足がない」という事を、矢沢先生のガイドで体感し、え⁉︎え⁉︎えっーー❤︎となりました。
そうしたら「自由は自分で勝ち取らないと!」と思って、日々行動していた自分が可笑らしく、漫画チックにさえ思えてきて、爆笑してしまいました。
「漫才のネタとかに使えんのちゃう?」という矢沢先生の言葉で、更に笑えてきました。
セッション以降は、平和でリラックスした毎日を送っています。
ありがとうございました。

(国家公務員 女性)

 

言葉ではうまく言えませんが、非二元プライベートセッションを受けた日の帰り道、街が輝いていて、見慣れた梅田の街が、まるで別物のようで、初めて見た街のように見えました。

とても心地良かったです。

転職とか、時間の束縛から自由になりたいという願望がなくなると、ちょっと最初は頼りなく感じましたが、なんだか和やかで、軽ろやかです♪

(F.Mさん  女性)

 

先日は、セッションありがとうございました。

帰宅後、主人に「これからどうしていくのか?」聞かれ、「どうにかしていく私がいなかったよ」とこたえたら、「どこに行っても探求は、終わらないよ」と言っていた主人もほほえんでいました。
その後、私の思考とは別に、ケラケラ笑いがしばらくとまりませんでした。
そして夜、私のセッションのことを書いてくださった矢沢さんのブログを読むと、主人が号泣でした。
どうしたか聞くと、「無に消えていったということだよー」と号泣していました。

昨日は、主人と仙台にハウンド・ドッグのライブに行きました。
ライブ中、スペースからこのステージがでていて、私のお祝いをしてくれているんだという、感覚で嬉しかったのですが、スペースからでているのではなく、このステージの現れをスペースが自由に受け取っていいと、なんにもないスペースがありました(??)
頑張らなければならない自分も、どうにかしなければならない自分も、初めからいなかったと、セッションを受けてわかりました。
どうにかしないとと考えるマインドがでてきても、今ただ現れたということで、そこからマインドのストーリーにひきずられないこともできるようになっています。
食事もライブも私が、お金を払って用意したものではないことも、そうなのかなと思うマインドもでてきますが、そう思ったということだけで終わりにしています。
壮大なパノラマをみるスペース。
ギフトをうけとる今にたどり着いたという、これもまた壮大なストーリーだったと、楽しくなってきました。
本当にありがとうございました(^-^)
(S.Sさん 女性)

 

起業の予定があり、不安とか怖さでいっぱいでしたが、セッションを受けて、日に日に私のなかの恐れが消えていきました。

それは、矢沢さんが不安の正体を教えてくれたからです。

サロン開業の話もどんどん進み、毎日楽しさの方に心が向いています。
(リスクを手放すことに成功したんです)

神秘的な体験はしていませんが、感覚をつかむと今までには戻れなくて、今までのマインドを自然に手放すことができ、喜びや、安心感に包まれる毎日です。

他のいろんなセッションではすぐに消える至福感が、矢沢さんのセッションではいつも一緒な感じです。

時間いっぱいいっぱいまで優しく本当に優しくメッセージを送り続けて下さいます。

世の中には高いお金のセッションもありますが、矢沢さんのセッションはとても良心的な料金です。

ありえません。

あの後、初歩の初歩の一瞥体験がやって来ました。

それは、笑いが止まらなくなり「私は今まで一体何を悩んで生きてきたんだろう」と何かが落ちた感覚です。

不思議ですがサクサク生きています。

本当に本当にありがとうございました。

(N.Iさん 女性)

 

先日はプライベートセッションでお世話になりました。今日はお礼のメールです。

あれから本当に悩めなくなってしまいました(笑)
問題(っぽいもの)は、相変わらず起こるのですが、まったく気にならなくなりました。
非二元のセッション当日は「知っちまったよ~、手品のタネ」と思い、人生がつまらなく、虚無感に襲われるのでは?と、若干の心配が残っていましたがさにあらず。
タネを知ったら知ったで、

「スゲー手品じゃん!」と、ますます感動の日々です。
ノンデュアリティの本も読んでみたりもしましたが(もちろんそれも楽しめたけれど)雪の粒を手づかみすると溶けてしまうように、言葉で表現されたそれと、セッションで体験したそれでは、また違う味わいがありました。
 楽しい時間をありがとうございました。

(Y.Mさん 女性)

 

セッションの後、電車に乗っていると、笑いが止まらなくなってしまい大変でした(笑笑)

「全てはただ起きてる」というシンプルな真実が腑に落ちたのか、「今まで"私"がやってきたことなんて何一つなかったんだ」っていうことが明らかで。

でもこれまで本当に一生懸命思考ちゃんは「私がやった!」って捉えてきたことが、でもそれすらも素敵な壮大なストーリーの中でただ起きてたんだってことが何だかすごく面白くておかしくなっちゃいました(≧∀≦)

笑いがどうしても止まらないのでマスクで隠してして何とか帰ってきました〜笑

あらゆる全ては完全性の中でただ表現されてる、起きてるんですね!

本当に一なる意識ってすごいとしか言いようがないですね!!

本当に楽しい時間でした。

ありがとうございました☆☆

(M.Kさん 女性)

 

ノンデュアリティ・プライベートセッションは、下記の地域(対面)または電話・オンラインで行っています。

京都府

矢沢大輔

最寄駅:阪急 烏丸駅(地下鉄 四条駅)

セッションの詳細・ご予約はこちらから

ナチュラルフロー認定ファシリテーター

千葉県

高山悦子

最寄駅:千葉駅

セッションの詳細・ご予約はこちらから

神奈川県

美波

最寄駅:横浜駅

セッションの詳細・ご予約はこちらから

矢沢大輔のメルマガ

非二元メルマガ

ノンデュアリティ・
トライブ

ご登録は無料

 

社会人の基礎学力講座

ご登録は無料

 

矢沢大輔の著書