ノンデュアリティ(非二元)コミュニケーション

From 矢沢大輔

 

「無知」とは、通常、知識の量が乏しい人のことを指す言葉ですが、ここでいう「無知」とは、自己を知らない人のことを指しています。

 

では、自己を知るには、どうすれば良いのでしょうか?

 

私たちは、自分の顔を見るとき、目の前に鏡を置く必要がありますが、これと同様、自分の内側を見つめる時にも、鏡を必要とします。

 

その鏡とは、自分の目の前にいる誰かです。

 

私たち人間は、人との関係なくして、生存できません。

 

つまり、生きることは、人と関わることです。


目の前の人に対して(相手を鏡として)、自分がどのような考えや感情を抱き、どのように立ち居振る舞っているのか、その観察なくして、私たちは自己を知ることはできません。

 

自分とは何かを、自分ひとりでどれだけ掘り下げ考え抜いても、知り得るのは、過去の記憶に基づいて想像し得る自己イメージに過ぎません。

 

自己を知ることは、自己を学ぶことです。

 

私たちは、数学や語学を学ぶ時、その知識を既に持っている先生から教えてもらう必要がありますが、自分自身を知ること(学ぶこと)においては、自分以外の誰かから学ぶことはできません。

 

自分を学ぶには、目の前の相手を鏡にして、自分の内面で起こる反応をその都度、確かめる以外に、自分を知る術はないからです。

 

相手との関わりにおいて、自分の対応が「適切なもの」になっているか、「不適切なもの」になっているか、それを自ら見極めていく学びに、終わりはありません。

 

本来、学びとは、知識の蓄積によって物知りになることではなく、その瞬間、瞬間に現れ出てくる思考や感情、態度などに気づき、自己を知り(学び)続ける現在進行形のものだからです。

 

この会は、2024年1月まで「講話会」の名称で開催してきましたが、3月からは、その日に話すテーマを定めず、当日参加された皆さんから、ノンデュアリティに関する疑問点などを伺い、私がファシリテーターとなって、参加されたお一人おひとりに新たな気づき(洞察)がもたらされるよう会話を進めたいと考え、名称を「ノンデュアリティ・コミュニケーション」と改め、新たなスタートを切ることにしました。


教師から伝達された情報や概念を知識として脳内に蓄積する、これまでの学びとは異なる、現在進行形の学びを始めてみたいと思われた方は、ぜひ、この会にご参加ください。


ご参考までに、ノンデュアリティに関する最近のブログにリンクを張っておきます。

矢沢大輔の講座を受講された方の声

今まで「思考をつかまえてはいけないです」とか、「あけ渡す」という様な表現を聞くたびに、つかまないように監視しようとしたり、「どこまであけ渡すの?」という疑問を感じていました。でも、ただ、ありのままに受容するだけでいい。どんなにいやな事も、どんな相手の言葉も、あるがままにしておいて良いとわかり、なんて楽なんだろう、何にもしなくて良かったんだと納得できました。

(M.Sさん 50代女性)

 

講座を受講して、長年の疑問点だった「肉体の中に閉じ込められた自分がいる」という感覚が解消できたのは大きな収穫でした。また、なぜこの感覚に陥ってしまうのか、今後その状態であった場合の対応方法まで教えていただき、大変勉強になりました。

(S.Fさん 40代男性)

 

すべてが現れ消えていく。何も足りないものも解決すべきものもなく、あー、今ここがゴールで、ここの他に行くべきところも、欠けているものもなく、ただすべてが豊かに無償で与えられている。自分と思ってたものが、分離の原因で、苦しみの元。それに気づき、目覚めたときの体験をまた求めてしまうとらわれにも気づけた。面白かったです。

(50代 男性 経営者)

 

思考が無意識レベルで「分離感」を生み出し、「私が正しい。私に非はない」と証明されるまで、誰とでもいつまでも闘う特性があり、これに気づかないと一生平和が訪れないことを理解できました。ただあるがままでよく、何の努力もいらないのに、今まで無益なことにこだわりエネルギーを費やしてきた人生を振り返り、これからはもっと平穏に過ごしていきたいと思いました。

(40代 菊池和寛さん)

 

自分と他人を分けているのが思考だと気づかせてもらえました。また自分が正しくて相手が間違っていると言うのも分離感を強化しているのだなとわかりました。最初の頃はめっちゃ質問があったのですが、最近はあまり質問がわいてこないです。質問しようとすると矢沢さんの答えがなんとなくわかってしまったりします。少しずつ気づきを増やすように日常に取り入れたいと思います。

(40代 女性)

 

ノンデュアリティの本を読みあさったり、様々な人のYouTubeを見てきましたが、矢沢さんの話を聞くことで、非二元とは何かをとてもよく理解できました。夫や子供に対する怒りの感情で悩んでいましたがそれが先生だったということも納得でき、これまでのサイクルからやっと抜け出せそうです。真実の話を聞いていたら感動して泣きそうになりました。今日生まれ変わったような気持ちです。新たな気持ちでLIFEを楽しめそうです。今日の非二元入門は、私的には入門ではなく、これが全てだと理解し、出席してとても良かったと思いました。

(清水美智代さん)

 

今日はとても面白くて楽しい時間でした。一年前に非二元というワードを知り、意味のわからなさを解消したいと思い、何人かの人のブログを読んだのですが、さっぱりわからないままでした。今日、講座に参加して、今まで考えてもわからなかった部分がどんどん腑に落ちていって、全く難しくなかったということに気づきました。お話を聞き終えて、見えてるものが変わってきたように感じます。私は最初から自由だったことに気づけて、気持ちが軽くなりました。

(N.Kさん 40代女性)

 

どんどん質問することがなくなってきて…とうとう「あ〜、どうやったら目覚められるのかなぁ」と思っている自分もいなかったんだ。そういう思考があっただけだったのか…と気づきました。これは、結構、大きな経験でした。

(A.Iさん 40代女性)

 

普段、無意識のうちに思考にのみ込まれて苦しみにハマってしまっていたことに改めて気づくことができました。思考や感情も含め、すべてはただ現れては消えていくものと気づいていたいと思います。あるがままの素晴らしさに気づいていたいです。ありがとうございました。

(50代 男性)

 

ノンデュアリティ ・コミュニケーション

【日時】

2024年3月3日(日)

10:00~12:15(途中10分間の休憩あり)

 

【会場】

zoomによるオンライン開催

 

【参加費】

初参加の方 8,900円

再参加の方 8,400円

非二元のセッションを受けた方 7,900円

※再参加の価格は、以前の「講話会」に参加された方の価格です。

 

【定員】

12名

 

【ファシリテーター】

矢沢大輔

 

【お支払方法】

カード決済または銀行振込み

     

お申し込みの際、

携帯アドレスで登録されますと、

迷惑メールとしてはじかれる可能性があります。

できるだけPC用のアドレスでご登録ください。

 

 

ソリューション画像

 

矢沢大輔のメルマガ

非二元メルマガ

ノンデュアリティ・
トライブ

ご登録は無料

矢沢大輔の著書