社会人の基礎学力講座

年齢に関係なく、「聞く力」「話す力」「読む力」「単語力」を総合的に伸ばせる

英語脳トレ法


『英語』脳トレ法は、こんな方にオススメの講座です。

・英語を学び直すのに、何から始めれば有効なのかがわからない方

・英語を学びながら、脳力を高めたい方

・知っている単語ばかりの英文なのに、ネイティブが話すと聞き取れない方

・頭の中で英作文をつくりながらでないと英語が口から出てこない方

・洋書を読みはじめても、最後まで読み切れない方

 

From:矢沢大輔

 

もし、あなたが、これからもう一度、英語を学び直そうと思っているなら、学生時代と同じ要領で英語を学び直してはいけません。


これからまた何年、英語を学んだとしても、ネイティブが話す英語を聞き取れるようにも、話せるようにもならない勉強をまた繰り返してしまうだけだからです。


私たちが学生時代に繰り返してきたのは、英文を読んでそれを日本語に訳す学習。

もしくは、日本文を見てそれを英文に変える学習です。


日本語と英語とでは、語順がまったく逆で、日本語では「述語」は最後にきますが、英語では文の冒頭(主語の次)で語られます。


そのため、私たちは学生時代、英文を見たとき、文の後方から前方に逆流しながら、英文の意味を日本語に変えて理解しようとしていました。


しかし、書き言葉でなら、このような方法が通用しても、話し言葉になるとこの方法は通用しません。

なぜなら、話された英語を逆流して意味を理解しているうちに、話す人はどんどん先に進んでしまって、会話の速度についていけなくなるからです。


社会人になってから、英語を学び直すなら、英文を意味を英語の語順のまま理解できる「読み方」、「聞き方」を練習しなければ、いつまでもたっても英語を使って外国人とコミュニケーションを取れるようになりません。


また、英語を使って、読み、聞き、話せるようになるには、まずは日常会話で頻繁に使われる基礎的な英単語を、覚えておく必要があります。

しかし、英単語覚える時にも、学生時代と同じように、単語集を使って、英単語の意味を一つ一つバラバラに覚えようとしていたのでは、この先も英語を話せるようにはなりません。


たとえば、あなたが「decision」の意味を単語集に書いてある通り「決定」と覚えていたとしましょう。

日本語で何かを決定するときには、「決定を下す」という言い方をします。

では、同じことを英語で言いたいとき、「決定を下す」の「下す」にあたる動詞は、何になるのでしょう?


もし、その動詞が即座に出てこない限り、あなたがたとえdecisionの意味を覚えていても、会話の中でこの単語を使いこなすことはできません。


意味を知っていても、会話では使えないレベルで学習が止まってしまっているわけです。


でも、decisionを覚える際に、動詞もセットにして、「make a decision」と覚えておけば、会話の中でこの言葉を使いこなせるようになります。


そして、これは科学的に立証されていることなのですが、decisionの意味を単独で覚えるよりも、「最小単位の意味を成す単語のまとまり=フレーズ」で言葉を覚えた方が、会話の中で使えるレベルで外国語を習得できるのです。


なぜなら、人間の脳には、「パターン認識」の能力が備わっていて、頻繁に使用される「動詞と名詞」の組み合わせ、「動詞と前置詞」の組み合わせなど、意味のまとまりのある単位で言葉を覚えていった方が効率よく新しい言語を習得できるようになることが解明されているからです。


この講座で学べること


この講座では、既に日本語を身につけた私たち日本人が、どのような英語教材を使って、日々、どのような訓練を繰り返せは、英語を使って、読み、聞き、話せるようになるのか?


その効率的な学習戦略(ストラテジー)を認知科学の観点からお伝えします。


リーディングについて

英文の意味を英語の語順のまま、理解できるようになるには、どんな学習教材を使ってどのような訓練を繰り返せば、良いのか?

最終的に、英語を日本語に訳すことなく、洋書や英字新聞を読めるようになる英文読解の方法をお教えします。


リスニング、スピーキングについて

私自身、これまで、音声データ付きの英語教材をたくさん買って学習してきましたが、スマホのアプリを使って学習しだしてから、私のリスニング、スピーキング力は、これまでと比較にならないほど、一気に上がりました。

スマホのアプリを使えば、単に音声を聞いて復唱するだけでなく、ゲーム感覚で、英語の語順パターンを身につけられる機能や、文中に出てきた単語の記憶をチェックできる機能がついているからです。


そこで、私が実際に使っているアプリ(現時点ではiPhone用のみ)をご紹介し、どのような使いかたをすれば、より効果的にリスニング力、スピーキング力をあけられるかをお伝えします。


アプリを使って学習し始めれば、ゲーム感覚で英語を学べるので、これまで三日坊主で終わってしまっていた人でも、気づいたら、スマホに手が伸び、勝手に英語学習にのめり込んでいる状態になっていることにきっとあなたも驚くてしよう。


ゆっくり読んでも英語の意味をつかめなければ、当然、それよりも早いスピードで展開していく話し言葉を聞き取れない、意味を掴めないという状況に陥ってしまいますわからないのトレーにングが必要だと言われています。

社会人になってから、英語を学び直すなら、どれだけ自主的に英語学習を続けられるか読む→聞く→話す→書くの順にスキルアップを試みると、三日坊主に終わらず、継続的に英吾学習にうまくいきます。



 

私が洋書を読みこなせるようになったのは53歳になってからで、それまでは洋書を何冊買っても、最後まで読み切れた本は一冊もありませんでした。

高校中退の私の英語力では、辞書を引く時間ばかり取られて、本を読むのが途中で面倒になり、投げ出してばかりいたからです。


あなたの脳には、日本語とは異なる言語パターンを認識し、ただ覚えるだけでなく、発話できるようになる機能が既に備わっています。

そして、その脳機能を活かして、英語を習得できるようにつくられたすぐれた学習書も既にそろっています。

 

いつも持ち歩いているスマホを活用すれば、ちょっとしたスキマ時間にも英語の音や文章に触れることができるので、1日わずか20分〜30分の学習でも、2ヶ月ほどで、英文の意味を英語の語順のまま理解できる「英語脳」を自分の脳内につくれるようになります。

 う

この講座で学べる内容

この講座では、数多くの英語教材の中から、どの教材を選び、毎日20分〜40分、どのようなトレーニングを繰り返すと、独学で「聞く力」「話す力」「読む力」を同時に開発できるようになるかをお教えします。

 

このトレーニング法を知れば、

・英文を読むときに、日本語に訳さずに、英語の語順のまま意味を理解できるようになります。


・毎日20分、スマホで音声を聴き、発声練習を繰り返すだけで、リスニング、スピーキングに必要な基礎的な文法力が2ヶ月程度で身につきます。

 

・英語の発音ルールがわかると、これまで聞き取れなかったネイティブの言葉が、突然、聞き取れるようになり、また、ネイティブに伝わらなかった自分の発音が相手に伝わるようになります。

 

・洋書を読む時に、kindleの辞書機能に加えて、どんな機能を活用すると、途中で挫折することなく、洋書を読みきれるようになるかがわかります。

 

・辞書をひくより、数倍、記憶に残りやすくなる英単語の意味の調べ方がわかります。

 

最後に

この講座はTOEICのスコアップを目的にしたものではありません。

私のように英語学習からしばらく離れていて、もう一度、中学レベルの基礎的な英語から学びなおしたい方、受験で点数を取るための英語ではなく、聞いて、話せて、読めるようになる実用的な英語力を身につけたい方に、ご参加をオススメします。

 

特典

オススメの2冊の学習教材をプレゼント

英語を学び直す上で、私が最も重要だと感じているのは、「教材選び」です。

書店に行くと、多くの英語教材が並んでいますが、脳のパターン認識の機能に即してつくられた本はかなり限られています。

そこで、この講座では、私が実際に使って最も成果を実感できた音声データ付き教材(基礎的な英文法が身につく本、英語の発音ルールがわかる本)を、当日、お配りして、この本を使って、毎日どのようなトレーニングを繰り返せば良いのかを具体的にお教えします。

 

オススメの学習教材リストとその入手方法

「リーディング」「リスニング」「スピーキング」「英文法」「英単語」の教材をレベル別にリストアップした資料と、それらの教材を安価で手に入れる方法をお伝えします。

 

継続学習に役立つグループページにご招待
講座中に聞き逃したことを質問したり、私の方からも新しい情報をお伝えできるよう、講座終了後にフェイスブックのグループページを開設します。

講座が終わってからも、一緒に英語を学習しあえる仲間をつくりたい方は、グループページにもご参加ください。

 

受講者の声

何を繰り返せば、最短で効率よく英語が上達するのかが明確になりました。

これで、楽しみながら英語学習を続けていけます。

教材についても、自分で良いものを見つけるは大変ですが、目的別に良い教材を教えていただいたので得した気分です。

毎日、学習を習慣化して続けていきます。

(インターナショナルスクール勤務 H.Mさん)

 

長年、英語を習得したいと思い続けてきたものの、何をやっても続きませんでした。

本を買ってもダメ、ラジオもダメ、塾もダメ。

どうしたらいいのものかと思っていたところ、何か別のヒントが得られるかも?と思い、講座に参加しました。
とてもわかりやすく、納得がいく内容、やってみたい、頑張って続けてみたいと初めて思えたことが、とても収穫でした。

英文を見ただけで脳が拒否反応を示していたのに、教えていただいたコツで簡単な英文を理解できるようになり、驚きましたし、うれしかったです。
矢沢先生のお話も面白くて、あっという間の時間でした。
おすすめの書籍情報も大変ありがたかったです。

これでもう無駄なお金を使わずに済むなと言う感じです。

明日から毎日少しずつでも継続は力なりで頑張りたいと思います。

(50代女性 Hさん)

 

アクティブ・ブレインの講座でイメージ化の方法を学んだのですが、実用的には単語の意味のみを覚えても活用できず、またイメージをつくることが面倒で活用しきれていませんでした。
しかし、英単語の意味をフレーズとして覚えるのであれば、使用するシーンを想定しながら、単語の意味を記憶していけるので、継続的に学習していこうというモチベーションがあがりました。

時間の経過がはやく、あっという間の1日でした。

充実の内容と教材のの提供、ありがとうございました。

今後の教育にも活かすことができそうです。

(関西学院大学 准教授)

 

非常に充実した内容の1日だった。

まず自分が英語の何の能力を優先的に解決していかなくてはいけないかが明確になり、それを日常の中で習慣化していく方法についても充分理解できた。

そして、それらの能力を向上させていくための教材もいただき、方向性も見えた。

またスマートフォンiPad Kindleなどを使用しての学習方法を教えていただき、本当に参加して良かったと思えた。

(歯科医 Nさん)

 

矢沢先生の膨大な脳科学に基づいた記憶法で、英単語の覚え方の最適解を知ることができました。

iPhoneやKindleを使った最先端の勉強法は、聞いてしまえば、簡単なことですが、自分では絶対に気づけなかった「コロンブスの卵」的発見でした。

家で復習して、この方法を必ず体得したいと思います。

(整体師 Sさん)

 

英語脳の戦略は非常にわかりやすく、やり方もシンプルで、できるという実感をつかめました。

英↔︎日に訳すことに慣れていたので自分の中でエネルギー変換が起こりました。

(30代男性 Fさん)

 

「覚える努力なく」という講座の名前にひかれて、何度も挫折した英語をどうにかしたいと思い受講しました。

受講してみて、今まであれもこれも手をつけて空中分解して、あ〜できない!を繰り返していたことがわかりました。

的を絞って短時間の学習を毎日繰り返していく。

(40代 亀山理加さん)

 

英語学習に何度挫折した人でも、「聞く力」「話す力」「読む力」を同時に開発できる 『英語』脳トレ法

このセミナーの内容は、2017年8月まで開催していた「英語脳とビジネス脳をつくれる学習ストラテジー講座」の内容と一部重複するところがありますので、既習者の方のための再受講価格を設定しました。


日時:2018年2月18日(日) 10:00~16:45(開場9:40)

会場:渋谷駅から徒歩5分の学習施設

参加要件:社会人、または大学生

     スマホまたはタブレットをお持ちの方

※英語学習から遠ざかり、中学生レベルの英語もわからない、

という方も安心してご参加ください。

参加要件に「大学生」とあるのは、

この講座が受験のための英語学習ではないからです。


受講料:

初受講の方 

再受講の方 

※2冊の教材(計3,024円)付きの料金です。

※再受講価格は、「英語脳とビジネス脳をつくれる学習ストラテジー講座」に参加された方の価格です。

 

定員:15名(満席になり次第締め切らせていただきます)

講師:矢沢大輔

 

お申し込みの際、

携帯アドレスで登録されますと、

迷惑メールとしてはじかれる可能性があります。

できるだけPC用のアドレスでご登録ください。

ソリューション画像
 

矢沢大輔のメルマガ

非二元メルマガ

ノンデュアリティ・
トライブ

ご登録は無料

 

社会人の基礎学力講座

ご登録は無料

 

矢沢大輔の著書