※旧「ブレイン・アップグレード・ジム」

人間の脳にできて、コンピュータにできない事

コンピュータは、人間の脳よりたくさんの情報を、ハードディスクに記憶できる。
しかも、保存されたデータは消去されるまで消えない。

人間の脳のように、覚えたことを忘れることはない。

 

コンピュータは情報の演算処理の速度が速い。

短時間のうちに大量の情報を演算処理して、最適解を導き出せる。

だから、将棋のプロだって、コンピュータに勝てなくなった。

 

これからも、AI(人工知能)やロボットが進化し続け、これまで人間がやっていた仕事が、どんどんコンピュータに奪われていくことは確かなようだ。

 

でも、脳にはもともとコンピュータにはできない機能が備わっている。

それは、「パターン認識」の機能だ。

 

人間の脳には、コンピュータのように細かい情報をすべて参照しなくても、誰かの顔の映像を見た途端、それが誰なのかを瞬時に判別できるパターン認識の能力が備わっている。

たとえ、その人がヘアスタイルを変えても、変わっていない部分から共通項を見つ出し、誰であるかを特定できる。

 

もちろん、このパターン認識の機能だって、いまやコンピュータも備えはじめ、顔認証の防犯システムなどに活かされいる。

 

それでも、本や新聞を読んで、要点を抜き出し、他の情報との共通点を見つけてパターン化し、それを自らの仕事や学習に適用していく能力は、まだ人間にしかできない。

 

記憶の関わることや、膨大な情報の中から検索したい情報を探しあてる作業は、コンピュータに任せばいい時代になって来たけれど、これからもまだしばらくは、人間の脳に本来備わっているパターン認識の機能が活かされる時代は続くだろう。

 

これから私たちが仕事や学習を続けていく上で、何に自分の脳力を費やし、どんな作業についてはコンピュータに任せればいいのか?

その仕分けを間違えると、自分がやっていた仕事がいつかコンピュータに奪われてなくなってしまうかもしれない。

 

でも、人間の脳はパターン認識を得意としている。

この事実をわきまえていれば、そう大きくは仕分け作業で間違うこともないのではないかと、私は考えている。


あなたが仕事や学習において、覚えたいこと、理解したいことを、主に文字だけを使ってノートに書き込んでいたなら、脳が得意とするパターン認識の機能がほとんど発揮されないまま眠っている。

 

そこで、この講座では、新聞記事や本から得た文字情報を、どのように図解化し、整理していくと、脳のパターン認識の機能がうまく働き、仕事や学習の成果を高められるようになるのか。

その方法をわかりやすくお伝えし、演習を通してパターン認識の能力を磨いていきます。

 

「全脳学習法」で学べること

■成果(収入)を生みだせる学習と生まない学習の違い

■記憶しようとしなくても、記憶に残る理解の仕方とは

■新聞記事や本を読む時に、何を押さえながら読み進めると読解力が向上するのか

■文字情報を、どのように図解化すると、読んだだけでは理解しづらかった内容がシンプルに整理されて頭に入りやすくなるのか

■それと同時に、人に話す時にもわかりやすく説明できるようになるのか

■覚える必要のある専門用語(外来語)とその意味をどのように整理し理解すると、記憶できるようになるのか

 

全脳学習法

※旧 ブレイン・アップグレード・ジム

 

日時:2018年1月28日(日) 10:00~19:00(開場9:40)

会場:渋谷駅から徒歩5分の学習施設

参加要件:社会人、または大学生

 

初回受講料:27,000円

 

再受講料:

2017年8月まで開催の「英語脳とビジネス脳をつくれる学習ストラテジー講座」に参加された方→16,800円

2017年11月開催の「ブレイン・アップグレード・ジム」に参加された方→13,500円

 

定員:16名(満席になり次第締め切らせていただきます)

講師:矢沢大輔

 

お申し込みの際、

携帯アドレスで登録されますと、

迷惑メールとしてはじかれる可能性があります。

できるだけPC用のアドレスでご登録ください。

 

ソリューション画像

矢沢大輔のメルマガ

非二元メルマガ

ノンデュアリティ・
トライブ

ご登録は無料

 

仕事とお金の
悩みが消える

心と脳の話

ご登録は無料

 

受験・資格取得の

学習が加速する

記憶できる勉強法

ご登録は無料

 

矢沢大輔の著書