読みっぱなしで終わらない読書術「読書の投資効果を上げる技術」

文章をどう読めば、知的財産に変えられるのか?

 

From 矢沢大輔

     

著書「記憶できる読書術」が出版されてから、8年が過ぎました。

この間、多くの方から、アクティブ・ブレイン・セミナー(記憶術のセミナー)を受けなくても、参加できる読書術のセミナーを開催してもらえないかと、多くの方からご要望をいただいていました。

そこで、今年から、著書に書いた方法とは、まったく異なるアプローチで、本の内容の意味をより深く読み込めるようになるだけでなく、読んだ内容を人にわかりやすく説明できるようになる読書術と伝え方に関するこの講座を開催することにしました。


従来の読書法とこの講座の大きな違いは、昨今のAI(人工知能)の急速な進化を生みだした認知科学やディープラーニング(深層学習)の知見を講座の中に取り入れた点です。

(といっても、認知科学やディープラーニングのことをまったく知らない方でも、まったく問題なく内容を理解いただける講座ですので、安心してこの先をお読みください)


スマホやスマートスピーカーに組み込まれたAIは、そもそもどのようにして、人間が話した言葉の意味を理解し、返答しているのか?

そもそも、言葉の意味を理解するとは、人間の脳の中やコンピュータの中で、どのような処理がなされることで、意味というものが生じ、理解に至るのか?


AIな進化とともに、どんどん明らかになってきた脳の認知のメカニズムを、誰にでもわかる平易な言葉で、皆さんにお伝えし、実際に、本の文章を読み、読んだ後に、どのような情報処理を行うと、進化したAIと同じように、内容を深く理解できるようになるのかをお伝えします。


脳の中でどのような情報処理がなされると、言葉(文章)の意味がわかるようになるのか?

これがわかるようになると、自分が本を読む時の理解(読解力)が上がるだけでなく、本を読んで理解した内容を、誰かに説明する時にも、どのような言葉(文章)で伝えると、相手が内容を呑み込みやすくなるのかもわかるようになるので、伝え方(プレゼン力)も上がるようになります。


また、講座の当日、読書用のテキストとしてお配りする書籍も、AIやロボットの進化により、今後の経済や私たちの仕事がどのように変わら行く可能性があるのかを伝えてくれている良書を教材として利用することにしました。



本や資料を読み込む読解力を上げながら、同時に伝え方も向上する講座ですので、何かを人に伝えるお仕事をされている方や、これからそのような仕事につきたいと思われている方には、特に酒肴をオススメしたい講座です。


、私たちは、どのようなことを考える必要があるのかを、私がこの1年の中で読んだ数百冊の本の中でも、最もオススメしたい


わかりやすく進化に何が、最もことなるかというと、どのように本を読んで内容を整理すると、理解が深まり、内容が頭に残るだけでなく、その内容をわかりやすく人に伝えられるようになる、「読解力と伝え方を同時に高められるセミナーを開催することにしました。

従来の読書術のセミナーと比べ、今回のセミナー何が違うかというと、本を読んで、その内容が「わかッタリ」「わからなかったり」するのは、なんの違いから生まれるかに焦点を当てている点です。


ここでいう「わかる」というのは、単に知的に内容がわかるという範疇に止まらす、内容を身体的に理解できることを指しています。


学校の勉強では、頭で理解するレベルで止まっても、テストの際に点数を取れますが、学習した内容を実生活や仕事に活かせるかというと、その域には達してはいません。


なぜ、実生活に活かせないかというと、理解のレベルが知的理解の範疇に止まってしまっているからです。


しかし、このセミナーで、本にかかれた内容が抽象的な内容であつても、どのような捉え方をすると、実体験したことのように内容を理解できるようになり、実生活に学んだことを活かせるようになるかがわかるようになります。


普通に考えれば、すでに知っている知識の違いだろうとおもわるるでしょうが、身体的感覚として捉えられるか


私たちは、本をヨンエいる時、具体的なじじつが描きママれているない右葉については、理解しやすくスラスラと読めてしまうのですが、内容が抽象的にもにのになるほど、理解するのに、時間がかかり、また、読んだ内容がを忘れがちになります。


そこで、このセミナーでは、抽象艇なことがかかれた内容絵も、どのような捉え方をすると、内容がわかりあっやすくなり、覚え湯としなくても、自然人に内容が記憶に残りやすくなるのか、その秘訣を、加賀雨滴な観点から、わかりやすくおつたえします。


物事の内容を理解する秘訣がわかるようになると、自分が本を読んでいる時に、内容が頭に入りやすくなるだけでなく、人にわかりにくい内容抽象的な内容を伝える必要がある時にも、わかりやすく説明でいるようになるので、プレゼン力もあがり明日。


仕事上、相手になにかを伝える必要セガをのひかつがお香ないのが、いるそのない硫黄がわかるという、わあらない、というのは、どのような

内容邸には、会う区記憶術をまなんでいただことがない方でも、、



一冊の本を読みきったにもかかわらず、1ヶ月も経つと内容を忘れてしまう。

これが読書に関する私の長年の課題でした。

 

読んでいるときには、内容も理解できて、難しいことが書いてあったわけでもないのに、時間が経つと何が書いてあったのかを思い出せなくなる。
その原因は、自分の記憶力にあるのではないかと思い、私は10年前に「記憶術」を学びにいきました。

 

記憶術を学んだことで、私は「物の名前」を順番通りにたくさん覚えられるようになったのですが、文章で書かれた本の内容を覚えるにはどうすよいのかはわからずじまいでした。

 

ところが、ある日、「認知科学」という学術分野で、人間の脳が目から入力された文字情報を脳内でどのように情報処理して内容を理解しているのかが研究され、それがAI(人工知能)の開発にも活かされてきたことを知り、読書に関する私の問題は一気に解決に向かったのです。

 

本をどのように読むと内容が頭に入りやすくなるのか。

本の内容をどのように情報整理すると、自分の知識になり、人にわかりやすく説明できるようになるのか。

読後に何を確認しておくと、本で知った内容を仕事や日常に活かせるようになるのか。


これらがわかるようになってから、私の読書は、新しい情報が次から次へと頭の中を通り過ぎていくフロー型の読書から、読むほどに知識が体系化され教養が深まっていくストック型の読書に変わっていきました。

 

学習動画サイトSchooの生放送授業では、その読書法の一部をご紹介しましたが、この講座では、その方法をより詳しくお伝えするだけでなく、実際に一冊の本を読みながら、文章をどう読み、内容を整理すると、知的財産に変えていけるのかを体験いただきます。

また、Schooの生放送をお見逃しになった方も、下記の課題を解消できるよう、一からわかりやすくお伝えしていきますので、安心してご参加ください。

 

この講座に参加いただくと、読書に関するこんな課題が解消されます。

・買っても読まないまま放置された本がある

  →Amazon、リアル書店での、ハズさない本の選び方iがわかるようになります。

 

・文章を読むのが遅い

  →本文を読む前に、予めどのような情報に触れておくと、本文の内容が頭に入りやすくなり、自然に読む速度が上がるのかがわかるようになります。

 

・本を最後まで読み切れたとしても内容を忘れてしまう

  →文章を要約するのが苦手な人でも、読後に本の内容をどのように整理しておくと、内容が頭に記憶されやすくなり、人にもわかりやすく説明できるるようになるかがわかるようになります。

 

・資格試験の教材(テキスト)を読んでも、要点がつかめず点数を取れない

  →新しい専門用語を覚える際、テキストの内容をどのようにまとめ直すと記憶されやすくなるかがわかるようになります。

 

読みっぱなしで終わらない読書術 「読書の投資効果を上げる技術」

【講師】
矢沢大輔

 

【日時】

2018年7月8日(日)10:00〜18:00(開場9:40)

 

【参加要件】

18歳以上の方

 

【受講料】
通常価格 24,800円(教材の書籍代を含む)

教材に関する記事

 

再受講価格:

「パターン学習法」/「全脳学習法」/

「ブレイン・アップグレード・ジム」/

矢沢大輔が講師の「アクティブ・ブレイン読書法」

上記のいずれかに参加された方は、一部内容が重複しますので、

14,800円で受講いただけます。 
  

【定員】
  18名(定員になり次第締め切らせていただきます)

 

【会場】
渋谷駅から徒歩5分の学習施設 

     

 

ソリューション画像

 

矢沢大輔のメルマガ

非二元メルマガ

ノンデュアリティ・
トライブ

ご登録は無料

 

社会人の基礎学力講座

ご登録は無料

 

矢沢大輔の著書